top of page
  • 執筆者の写真きらきらおばちゃん

大島教

2024/2/18(日)


先日、ある方から、大島の言う事は宗教っぽい、とご指摘いただきました。

自覚なし。でもこの指摘以前もあったのです。

だから、そんな指摘を受ける度に数日悩み落ち込む。

宗教って、何?

宗教はいらない。

信仰はいる。

日本はあらゆるものに神様を宿らせる。

私だって仏壇やお墓の前にいけば手を合わせる。

神社仏閣行ったら手を合わせる。

朝日、夕日を見たら、感謝してしまう。

お月様や星を見たらどこか怖くなったり泣けてくる。


長岡式酵素玄米講習会で説明して下さるおじいちゃん先生がおっしゃっていた。

真実を話すとある意味宗教のように捉えられたりするもんです。と。

と言う事は、私の話すことは真実?

うん、真実だと思う事が多々あります。(思い込みかなぁ?)


私はやって来たこと、知識と実践でつながった事しか話せません、

私の話す事は机上のものではないと自負します。

私の勧める育児方法は今の時代の「頑張らなくて良いですよぉ」「ママも自分の時間を持つのも大切よね、気分転換しないとね」とは言わないし言いたくありません。


3時間だけでも子どもと離れて自分の時間を作ったとしても、結局子どものことが気になって逆にリラックスできなかったあの感覚。

子どもと一緒にいて、気分転換した方が気持ちが安定したあの感覚。

子どもを授かる事で、ご先祖様や自然の摂理を感じざるを得なかった感覚。

宗教と言うよりも感覚。


そう言えば助産師に成りたての頃、桶谷は宗教ちっく、と言っていた。

学ぶ前、経験もしていないのに上辺だけ噂だけで毛嫌いした。

でも実践してみて分かった。

桶谷は宗教ではない。本能と真実だ。

授乳をしていくことで人間性が試され、自分をみつめ、ヒトを人に成長させる方法であり本能であり真実だった。人として磨かされた。


私は宗教家なのかなぁ?...う~ん...違う。

宗教家ならきっちり手技料いただくかな。時間外料金いただこうかな。交通費いただこうかな。当日キャンセルは料金いただこうかな。




閲覧数:74回

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page