top of page
  • 執筆者の写真きらきらおばちゃん

春ここに

2023/1/4(水)2つ目


コロナになってから気持ちが塞ぎこんでいる、ような感覚が続いている。

新年を迎え、自分を鼓舞するのだが、根底に自分が自分に不安や否定を抱いている、ような感覚がある。


新年、ラジオを聴いていたら、歌人の俵万智さんと穂村弘さんの対談があり、そこで俵さんが表題の歌を紹介された。


ぱ~っと視界が明るくなった。


何を不安になっているんだ!

自分を否定しても自分は自分だぞ!

時間も光もみんなに当たるんだ!

くだらんくだらん!


以下、紹介された歌


佐々木信綱

歌集「山と水と」より

春ここに生るる(あるる)明日の日を受けて山河草木みな光あり

閲覧数:37回

最新記事

すべて表示

種と土

コメント


bottom of page