top of page
  • 執筆者の写真きらきらおばちゃん

臭いものには蓋

2023/7/24(月)


今日ネットニュースを見ていたら、タイトルに、「炎上し配布中止」、というものがあった。

何だ?何に対して?

と思い、チラッと読んでみた。


どうも、どこかの自治体が産後のご主人に産後の妻の訳分からない態度、行動、についてアンケートを取り、それを順位化し、プリントし、配布したら、「分かっていない!」と批判され、それでその印刷物の配布を取り止めた、とか。


出た‼️自治体‼️


面倒な事が起こると、すぐに何もなかったようにしたり、無しにしたり、撤去したり。

闇、だ。

こんな事を繰り返してくれたから、不透明な、言ったもん勝ちな、挙げ足取ったり、重箱の隅をつつくような社会になったのではないか、と想像する。


また、確かに、共働きでお互い休日のはずなのに、女性は休んでいない。男性はスマホやTVを見ているご家庭が少なくはない。

これには腹が立つし、情けなくて泣けてくる。


でも、産後、夫もそれなりに妻の機嫌や態度を伺い、気を遣ってくれているし、妻の変化に戸惑っている。

特にここ5年以内の夫たちは!

ちゃんと妻を見ている。


妻が楽な時代になったなぁ、と思う。


男女雇用機会均等法が成立施行されてから、女性が主張できるようになった、らしい。ありがたい‼️

だけど、自治体ではないけれど、妻は主張ばかりで、妻もいつまでも夫を理解しようとしていない場合もあるのではないか。


お互い理解し合おうとするのか、もう夫は当てにせず離婚はしないけどワンオペ子育てをするか。いやいや、これは両極端なことなので、その時その時で変化していけば良いと思う。


それゃ、私も夫への恨み節は次々出てくるし、この感情は死ぬ時まで持っているだろう。

蓋をしたつもりが、蓋が朽ちて隙間が出来、そこから漏れてくる場合もあるだ

でも一緒に乗った船だ。

蹴りながらも、共に理解する努力が必要じゃないかな。




閲覧数:93回

最新記事

すべて表示

家事代行

Comments


bottom of page