top of page
  • 執筆者の写真きらきらおばちゃん

異論を唱えられる?

2022/7/10(日)


先日は歴史に残るであろう衝撃的な事件がありましたね。

ご冥福とご家族の心身の安寧を願います。

そんな事があっても世の中は淡々と確実に進んでいます。

私はお腹が空きます。

私は生きています、多分。

不思議でたまりません。


そして、マスコミはいろいろコメントをしていますね。

「あの時○○○していたら」「あの時○○○できなかったのか」とか。

全ては結果論であり、後付けです。

物事は何か起こってから変化しています。

「いつものように」というのが普通であり、そこへ「変じゃないの?」「それ、やばくない?」なんて平和ボケ頭の私は思いつかないし、思いついても言えない性格です。


何か起こる前に異論を唱える。


あなたにできますか?




閲覧数:49回

最新記事

すべて表示

家事代行

Commentaires


bottom of page