top of page
  • 執筆者の写真きらきらおばちゃん

悲しい事件

更新日:5月23日

2024/5/21(火)


本日2投稿。


最近、乳児の遺体が押し入れの奥からみつかった、とか、庭に埋められていた、とかの悲しいニュースが立て続けにあった。

繰り返される悲しいニュース。


そうせざるを得なかった、逮捕された女性のバックに思いを馳せてしまう。


以前にも挙げたが、こんな時は産んだであろう女性だけが逮捕され、罪を問われる。

なぜに女性だけが‼️

父親とする男性が特定できない、というケースもあるだろう。

でも、男性にだって罪を問いて欲しい‼️

DNA鑑定すれば特定できるでしょ。

望まない妊娠の果ての事件。


逆に。

夕べTVで、約50年前に起きた、国主導の強制不妊術を受けた方の特集をしていた。

国主導なので国を訴えているが実際施したのは医師と助産婦、看護婦だ。

医師、助産婦、看護婦も罪を問われても良いはずだ。

子どもが欲しかった。孫に会ってみたかった。と実名を公表したご夫婦のことば。

妊娠を望んだのに同意なくして希望を絶たれた人生。


社会の汚さ。

赤ちゃんのきれいな目、純真無垢な目、そのまま人生終わるまできれいな目でありたいが、無理なのが現実だ。

閲覧数:61回

最新記事

すべて表示

家事代行

Comments


bottom of page