top of page
  • 執筆者の写真きらきらおばちゃん

子育ての評価表は老後です

2023/4/13(木)


表題のことばは、平日にやっているラジオ電話人生相談での案内役のK藤先生のもの。

この一言を聞いて、思わずのけぞってしまった私。


でも、人生の節目節目でプチ評価表は出ている。


4月中旬になり、新しい生活リズムになって半月が経つご家庭も多いだろう。

子どもが保育園に行って、さあ、様子はどうかな?


保護者と離れる時はまだ泣いているかな?

でも、そろそろ保護者が見えなくなると安心できる先生をみつけ、けろっとして来る頃だろう。


何?

まだ園では常に泣いている!?


それ、評価表だよ。


それまでの保護者、特に母親とのくっつきが足りないとひたすらずっと泣くケースが多い。


だからぁ、、、と、私は常々ママさんに言っている。


お乳をもったいぶるんじゃないよ!

とことん含ませるんだよ!

お乳をもてあそばせるんだよ!

ニーズにその都度答えてやるんだよ!


これらをとことんしてあげると、母親との信頼根が深く太くなり、太くなることで外に目が行き、外に出ても不安はない、と分かった。


なので、仕事復帰するからとやめる時ではない時に母乳をやめた方は、心して、1分でも早く迎えに行き、1分でも長く常に肌と肌をくっつけてあげてほしいのだ。


おんぶ(ばってんおんぶ紐で)。

抱っこ。

添い寝(一つの布団で寝る)。

この3つを、母親が、たくさんしてあげて。

いつまでか?

それは、特に添い寝は小学校卒業までしっかりしてあげてほしい。


子どもが安心して社会に出られ、適応していくには、母ちゃん、君たちの関わり方次第ですよ!

パパではないと観ている。

少しはパパの社会性を見せるというのはあるけどね。

でも大半は母ちゃんとの密着度だよ。


がんばれぇ‼️


閲覧数:54回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page