top of page
  • 執筆者の写真きらきらおばちゃん

助産師という仕事紹介

2021/6/26(土)


知り合いの地域コーディネーターさんから、表題のイベントがあるので、小学生6年生対象に話をしてくれないか、と連絡をいただき、先日小学校へ行って来ました。


Q助産師という仕事はどんな仕事ですか?

Qどうしてこの仕事を選んだのですか?

Qこの仕事をしていてうれしい事は何ですか?

Qこの仕事に向くのはどんな人ですか?

Qやりがいを感じるのはどんな時ですか?

Qつらいと思ったのはどんな時ですか?

Qおはちゃんは、何歳ですか?

Q株は持っていますか?何株持っていますか?


などの質問をいただきました。


このブログを読んでいただいている皆さま、皆さまなら、なんてお答えしますか?


私は、そんな事よりも、助産師の仕事の一つの分娩介助は、赤ちゃんを生ませる、のではなく、ただのベビーキャッチをするだけなのです。

赤ちゃんは生きていく力を持って、自分からこの世に出てくるの。

今、自殺をする人が増えています。

みんな、生きていく力を持ってきているのだから、死ぬことはない!ちゃんと生きていけるの。

いっか、みんなはこれから、いろんな事を経験するんだけど、つらかったら状況を変えれば良いだけで、自ら死ぬことはない!

これだけは覚えていて!

あなた達は、生きていく力を持って生まれて来た!

ね。

今日はありがとうございました。


おしまい。



閲覧数:49回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page