top of page
  • 執筆者の写真きらきらおばちゃん

オラウータンの親離れ

2020/10/6(火)

先日、公共放送の動物の番組を見るとはなしに見ていた。そこで、オラウータンの母子の場面があった。

オラウータンは群れで生活しないんだそうだ。一夫多妻制なんだけど、母子の単位で個々に生きていくんだって。


子オラウータンにとって人生の先生は母親のみ!

自然界での生き方を常に母にくっついて学ばせているんだって。


一番大変なのが、何を食べるか!


ジャングルの中には100数種類の食べ物があるんだとか。

でも、オラウータンの食べ物はその中でもあまりないので、すべて母の食べるのを見て、ちょっとかじって、身体と腸が覚えるようにと7年掛けて学ばせて、それでようやく親離れ子離れをするんだって。


7年!


そのくらい掛けないと、すぐに絶えてしまうんだって。


子は母を見て学ぶ。

親が食べているものを口に入れて、それから身体に合うのかを知る。


人間もそれに近いものがあるような気がする。


即席ではなく、手塩にかけて、じっくり、子を育てて欲しい。

閲覧数:32回

最新記事

すべて表示

Opmerkingen


bottom of page