top of page
  • 執筆者の写真きらきらおばちゃん

らもさんは

更新日:2022年6月24日

2022/6/22(水)



らもさんの本や動画を、ちょっとでも興味を抱いたりご覧になられましたか?

らもさんのコメントには、鋭さの中にちょっとした笑いや許しなどがあるように思います。

薄っぺらな言葉ではなく、経験からの言葉。

持って生まれた性格や今世の課題、育った環境、育てられ方、親以外との出会いや人間関係、そして経験。

それらから発せられる言葉の数々。

深いんだなぁ...


看護学生の頃、頻回に使っていた単語があります。

「共感」。

社会人になっても使っているか。

改めて挙げると、これ、よく分からない言葉ですねぇ。

相手を理解や分かったつもりでいるけど、結局は個々であり、理解できないことばかりです。

それでも、相談を寄せて下さった「あなた」が私は気になるのです。

衣を着せず、単刀直入に、その時浮かんだ言葉を発してしまうので、私は「あなた」を傷つける場合があります。悪気は全くないのですが...

私の言葉は「あなた」を責めるんだろうなぁ...優しさやユーモアがないんだよなぁ...忖度しない私。アホな私。

閲覧数:23回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page