top of page
  • 執筆者の写真きらきらおばちゃん

だって○○じゃない...

2023/3/8(木)


私は42歳の時に第4子を産んだ。産後すっごい老け込んでいたんだと思うが

退院する際病院の玄関先で赤ちゃんを抱いて車を待っていたら、若い年齢の妊婦さんとその親、あえてばあちゃんと言わせてもらうが、そのばあちゃんが私たち親子を見て、

「まぁ、かわいい赤ちゃん。おばあちゃん、若くしてお孫さん良いわねぇ」と。

私、そのまま孫で通せば良かったのに、

「あ、子どもです...」と。

ばあちゃん。

「あら、失礼。だって、ママって若いもんじゃない?」とバツが悪そうに娘に言った。

若い妊婦娘。

「みんながみんな若い訳ではないよ」と。


全て聞こえてますけど...


固定観念。

勝手な常識。


最近立て続けに、小学低学年になった子どもが学校へ行きたがらず家にいる、という相談を受けた。


「子どもはみんな学校へ行く」という固定観念。常識。

平日昼間に子どもを連れて買い物などをすると、決して直接言われないが変な視線を感じることがある。


常識

固定観念

科学

これらは突然覆る。


真理は不変。


私は年齢は42歳でも命を授かり乳を与える身体であった。

この子は食べて、排泄して、寝て、朝を迎えている、生きている。

これは事実。本物。


動画配信サイトばかり見ているのは好ましくないけど、学校?行かなくても良いと最近強く思うよ。

でも、人間は学びたい生き物だから興味あるものは何か、親の観察力と、自然と戯れるのを勧める。

と、不安一杯のママさんにそう伝えた。


昨夜は月明りで瓦屋根が光っていたな。美しい、目に優しい明かりだったな。




閲覧数:52回

最新記事

すべて表示

家事代行

Opmerkingen


bottom of page