top of page
  • 執筆者の写真きらきらおばちゃん

それ、本当❓️

2023/5/29(月)


しばらくblogを更新できなかった。

ちょっと思う事があり、悩んでいたからだ。

でも、挙げることを決めた。

それは。


先日初めてある育児相談会の仕事に就かせていただいた。

私にとってはその場限りの親子さんなので、その方への今までの助言に背くような事は言わないでおこう、と決めていた。

幸いな事に、担当させていただいた方は今回初めて来られた方ばかり。

あれぇ、必然!?と感謝した。

しかし。

来られるお子さんの多くが、なんと危ういこと!

すくすくと健康に育ってないじゃないか‼️と驚いたし、怖くなった。


相談会が終わって、先輩指導者さんがどんな助言をしているのか聞いて、苦しくなった。


その助言、誰のため?本当?

何をもってそう言ってるの?

ホントにそれが良いの?

なんでこんなに危ういお子さんばかりなの?気付かないの?


たとえば。

ベテラン栄養士さん。


6か月のお子さん、授乳回数が多くて生活リズムがバラバラ。食べないし、寝ないし。

とおっしゃるので。

授乳間隔を工夫して空けるようにして、その分食べさせてみて下さい、と伝えました。と。


はいぃ!?


授乳で生活リズムはできていますよぉ!

6か月なんてまだ消化能力弱いですよぉ!

回数が多いのは、ママにくっつくニーズなんですよぉ!

ちゃんと寝てますよぉ!

工夫?どういう工夫ですか?それを具体的に挙げてやるのが助言じゃないですかぁ?工夫が苦痛になりますよぉ!

と、私の感想。


こんな事をやっていたら、母子双方が苦痛の毎日となりかねない。また、親子同士の信頼感を歪めてしまいがちだ。


あああああああ〰️〰️〰️〰️〰️😒


これじゃ、大きくなって、また別の、根の深い悩みに発展していきそう、、、

あ、それで皆さんの仕事は維持されるのか!?

と。


聞いていたその場で反論すれば良いのだけれど、私は1度だけの仕事であり、新参者が場を乱しては良くないし、先輩のプライドを滅多刺しにする事になるので、やめた。聞きながら苦しい表情はしていたが。


子育て、育児に正解はない。絶対。

だけど、助言されたことをやっていると必ず子どもからの反応、表情、全身状態に好ましくない結果として出てくる。見逃してはならない。

それがどんなものなのか、そっか、指導者自身が分からないのかも知れない。


と、ある育児相談会の事を挙げさせていただいた。

挙げてはいけないことかも知れない。

なので迷ったのだ。

でも、これも現実の1つだと伝えたくて挙げた。


ご意見ご感想をいただきたいです。








閲覧数:88回

最新記事

すべて表示

大島教

bottom of page